スケール感のあるマーケティング。 そう簡単じゃない。だけど面白い。

セールス&マーケティング部
戦略推進担当

大屋 祥之

2015年新卒入社

03
東急ホテルズを選んだ理由

全国のホテルを対象にスケール感のあるマーケティングに挑みたい。

大学では、経営学・人間工学・プログラミングなどを学びました。マーケティングや市場分析という業種に関心があったのに加え、サービス業界に興味があり、ホテル業界でのマーケティングを志望していました。

東急ホテルズは、チェーンの本社機能としてホテルマネジメントを行っているので、ここであれば、1ホテルのマーケティングではなく、全国のホテルを対象にスケール感のあるマーケティングに挑めると考え、入社いたしました。今やホテル予約において、ウェブマーケティングは外せない存在です。プロモーション、ブランディング、集客、顧客コミュニケーションなど、関わる業務は多岐に渡り、いずれもホテルマネジメントの重要な要となっています。東急という大きなステージでそれらに携われる醍醐味があると思います。

私の仕事

貴重な現場経験を経て、念願のマーケティングを担当。そう簡単じゃない。だけど面白い。

入社後は赤坂エクセル東急でロビーサービスを、その後、二子玉川エクセル東急でフロント業務の現場経験をしました。後者のホテルはできたばかりのホテルでしたので、ホテル創業早期のホテルマネジメントを勉強させていただける機会となりました。

本社に戻ってきてからは、念願のセールス&マーケティング部でWeb全般を担当。自社Web販売の企画立案、各店舗のHP運用支援、宿泊予約サイトにおける自社ページ運用、メルマガ配信、宣伝用素材としての館内撮影など、幅広く業務を担当しています。この仕事の面白いところは、自分の企画や施策が数字という結果になって返ってくること。売上が対前年より良かったり、メルマガからのアクセス数が伸びがイマイチだったりと結果は様々。売上が高いと、企画自体が成功だったのか、トレンドのキーワードを取り入れたプロモーションが功を奏したのか、リゾート施設が伸びているのはシーズンの影響かなど、分析方法は多岐にわたるので、原因を分析するのは非常に興味深い。志望していたスケール感のあるマーケティングにまさに挑んでいます。

大屋の1日

8:45
出社
9:30
業界関連のニュースを社内へ配信
10:00
部内会議にて季節限定プランの説明
11:30
プロモーション企画の分析作業
12:30
昼食
14:00
外出(ホテルの写真撮影へ同行)
16:00
外出(ウェブ広告に関するセミナー参加)
18:00
直帰
仕事のやりがい、東急ホテルズ魅力

1から作り上げた新規開業ホテルのサイト。これまでの東急ホテルズにないサイトを作り上げた達成感。

現在の仕事は、店舗と二人三脚で行う施策ばかり。そういった意味では店舗と成果を分かち合える喜びがあります。ホテルの垣根を越えた販売促進部門間の横のつながりが強く、チェーン一体として事業、企業を盛り上げていこうという土台があり、助け合う人間関係、気遣う文化、共に成長していく姿勢など、東急ホテルズには魅力が沢山あると思います。

自身の仕事のやりがいとして最近の出来事をお話ししますと、渋谷ストリームエクセルホテル東急の新規開業に向けて1からサイトの企画、設計、制作に携われたことです。ホテル側も開業準備は非常に忙しいものですから、自発的に動き、事業企画部や現地のスタッフを巻き込んで仕事をする必要がありました。無事にサイトをオープンすることができたときは、とても達成感を感じましたし、自分も愛着がありますので、社内の皆さんから評価を頂けるととても嬉しいですね。

私のこれからと皆さんへのメッセージ

IoTやAI技術がホテルサービスを変えるかも。新技術に挑戦したい。

ITの世界は圧倒的なスピードで進化していきます。東急ホテルズが築いてきた歴史を大事にしながらも、例えば、IoTやAI技術を導入して、東急ホテルズのサービスをどう進化させることができるのかなど、新しい領域にもチャレンジしていきたいと考えています。新しい技術の導入がお客様に新たな価値を生み出し、東急ホテルズの1サービスとして確立するようなことを夢見ています。

技術トレンドに敏感な人材はホテル業界でも大変重宝されると思いますので、異業種志望の方にも東急ホテルズを詳しく知ってもらい、是非、活躍の場を見つけてもらいたいですね。